MENU

CLOSE

風の強い日・プールなど薄毛が気になるシーンは?

風の強い日・プールなど薄毛が気になるシーンは?

193views

カテゴリ:001

AGA、薄毛の治療中はなるべく周囲の人に気づかれてはいけない

731-kotirade-ok-3

人は第一印象を持つと、そのイメージを簡単に覆すことができません。 その為、AGAや薄毛になった場合は注意が必要です。 なぜならどれだけAGAクリニックで効果的な治療を受けたとしても、AGA、薄毛の状態を多くの人に見られていたら、そのイメージは覆りにくいからです。

その為AGAクリニックで費用をかけて副作用が伴うような効き目が期待できる薬を使っている時ほど、周囲の人にできるだけ頭皮の状態を知られない為の努力が必要となるのです。 せっかく育毛に成功したのに、周囲の人がAGAや薄毛の印象を持ったままだと喜びも半減してしまいかねないですよね。

その為、AGAや薄毛になってきた際は、そのことを周囲の人に気づかれないように配慮することが重要になるのです。 では一体どのような場面で、頭皮に注意を向けるべきなのでしょうか。次に薄毛が気になるシーンをランキング形式で紹介します。

要注意!薄毛が気になるシーンランキングベスト5

691-3-girls

 

第1位 風の強い日

風が強い日は、髪の毛が風でなびいて薄くなった頭皮が露出される可能性が高くなります。 その為、薄毛やAGAになった場合は日々天気予報だけでなく、風向きの情報にも注意を向ける必要があります。 風の向きと強さがあらかじめ分かれば、対策することができますよね。

例えば都心部に住んでいる場合、ビル風が強い場所が多い傾向があります。 しかし風向きが分かっていればどうでしょうか。 風が吹いてくる方向を意識して物陰に隠れるなど、対処することができますよね。 また外出が必要な日に風が強いことが分かった場合は、できるだけ帽子をかぶりましょう。

それも風で飛んでいくリスクがあまりない、頭のサイズにフィットしたものを選ぶことをおすすめします。 そうすることで、知り合いや周囲の人に薄毛、AGAがばれてしまうリスクを回避することができるのです。

第2位 プール

AGAや薄毛になった場合、そもそもプールには行かない方がよりかもしれません。 その理由は、髪が濡れることで頭皮に髪の毛がくっつき、毛の太さや毛の量が周囲から観察しやすくなるからです。 そうなると薄毛の状態やAGAを隠すことが難しくなります。

仮に友人などからプールへの誘いがあり、断りきれない場合は極力頭部を水に沈めることは避けましょう。 そうすることで、頭部が濡れて薄毛やAGAが顕著になるリスクを回避する可能性が高くなります。

第3位 海岸

海岸は彼女とのデートやドライブには欠かせないスポットの一つですが、AGA、薄毛になった場合はできるだけ敬遠しましょう。 何故なら海岸は風が強い傾向があるからです。 もしどうしても海岸付近を通過する必要性が迫られた場合は、帽子はマストアイテムです。 そして強風が吹いてきた際は、すぐに建物に入るなど周囲からは気づかれないように注意することが欠かせません。

第4位 高層ビルのオープンカフェ

最近は高層ビルのオープンカフェや、オープンになっているフリースペースが少なくありません。 そういった場所でお茶をする場合、風には注意しておきましょう。 カフェの中で帽子をかぶり続けるのは、マナーとしては微妙かもしれません。 しかし周囲にAGA、薄毛がばれるリスクと、一時的にマナーがなっていない人物と思われること、どちらの方がリスクでしょうか。 また高層ビルに限らず、オープンカフェは極力避けることも大切です。

第5位 スポーツジムで汗を流した後の時間

スポーツジムで汗を流した後も注意が必要です。 汗を流した後は、髪の毛が水分を含み、頭皮に付着しやすくなります。 そうなると、薄毛やAGAの頭皮が強調されてしまいますよね。 その為スポーツジムで汗を流した際はすぐに頭を乾かすなどの配慮が必要だといえるでしょう。