MENU

CLOSE

9・産後女性によく見られる抜け毛は放置すると危険?対策はできるのか

9・産後女性によく見られる抜け毛は放置すると危険?対策はできるのか

26views

カテゴリ:別コラム

産後の女性によく見られるのが抜け毛で、女性にとって大きな悩みになります。
出産した後に起こる抜け毛は、そのままにしておいても自然に治るのが普通なのですが、放置すると改善しない場合があります。
産後の抜け毛は果たして対策できるのでしょうか。

・ストレスが原因

女性の薄毛の原因で多いのが出産後の抜け毛で、産後の抜け毛は放っておけば治ると言われていますが、場合によっては改善しないことがあるので要注意です。
なぜ産後、抜け毛が治らない人がいるのかというと、それは産後に生じるストレスが原因と言われています。
ストレスを感じると自律神経に異常をきたし、頭皮の血行が悪くなってどうしても抜け毛が起こりやすくなり、ストレスを解消しない限り改善されません。
産後の抜け毛は一般的に出産後3カ月後くらいで始まることが多いのですが、次第にホルモンバランスが安定してきて出産後半年から1年もすれば抜け毛は収まってきます。
しかしいつまでたっても改善されない人は、育児という産後のストレスに悩まされているケースが多いのです。

・ストレスを改善して血行改善に努める

女性は出産後、育児をすることで大きなストレスを感じるので、産後女性の抜け毛に対してはストレスを改善するのが急務です。
女性の身体はとても繊細でストレスは抜け毛や発毛に影響を及ぼすことになるので、自分だけで悩まず、頼れる人に相談することです。
自治体には、産後の悩みについて相談に乗ってくれる場所があるので、相談することをためらわないようにしましょう。
共感こそが心の栄養になり、それがストレス解消となって毛髪にも良い影響を与えます。
また自助努力として血行不良にも注視し、骨盤の歪みを改善することも大事です。
産後に血行が悪くなる要因に骨盤の歪みがあるので、全身の良好な血行のために骨盤矯正に努めましょう。

・食生活を改善する

産後は育児に専念することになりますが、授乳中のお母さんは摂取した栄養が子供の栄養に取られてしまいます。
授乳はある意味、自身の身体を削って子供に栄養を与えることになるので、産後女性はどうしても栄養不足になりがちです。
そのため、産後の抜け毛を防ぐには食事を改善することが大事で、これまで以上に毛髪に大事な鉄や亜鉛、たんぱく質などの栄養素をしっかり摂る必要があります。
薄毛対策にはビタミンやミネラル、アミノ酸などの摂取も大切なので、産後はバランスのとれた食生活を心がけながら頭皮や毛髪の環境をよくしてあげる習慣を身につけましょう。
きちんとした食生活を送るのが難しい人は、サプリメントを利用すると良いです。

産後女性に起きやすい抜け毛は、放置すると薄毛につながるので注意が必要です。
対策としては育児の悩みを相談したり、骨盤矯正などで血行改善に努めながら、栄養不足になりがちな身体をいたわって食生活を改善していきしょう。